2021/06/01

Wi-Fi(無線LAN) 設定まとめ

気をつけるところ

●2.4GHz
  5GHzに比べて広い、遅い。と言われている。
  チャンネルは、1-14まであるが、
  一部の端末(iPhoneとか)は14に対応していない。
  (14までの自動設定すると、繋がらなくなる可能性あり。)
  また、iPhoneは、帯域20MHzのみ。
  特にBuffaloは、40MHz固定があるが、20/40自動にする。
  何枚かの壁を跨ぐときには、こちらのほうが安定している。

●5GHz
  W52(36,40,44,48ch)、W53(52,56,60,64ch)
  W56(100,104,108,112,116,120,124,128,132,136,140ch)がある。
  W53、W56は、DFSの都合により、WiFiが1分間切れることがある。
  一部のFireStickなど、W52でなければ繋がらないものがある。
  一部の端末は、W56が繋がらないものがある。
  が、一部の端末、環境によっては、W53、W56の方が良かったりする。
  どうしていいのか、難しい。
  (自動スキャンは、繋がらなくなる可能性大。)

●DHCPサーバー
  初期設定では、リース時間が長いものが多い。
  事務所など、特定の人が使うのであればよいが、
  不特定の出入りがあるところでは、割当件数を多く、
  リース時間を短くする必要がある。
  (NECの一部のルーターは、32または100以上割当できない。)
  ネットワークプリンターのIPは、固定しておいたほうが良いが、
  DHCPの割当範囲と重ならないようにする。

NATセッション(テーブル)数、NAPT
  各端末=接続先のIPアドレスをルーター内部に一時保持するテーブル(メモリー)。
  (保持している間はDNS問い合わせが無いので、ちょっと速いとも言う)
  一定数を使い切ると、次の接続ができない。
  NTTのONU(のルーター機能で)は、MAX 4,096。端末10台以上は無理。
  (Windows10起動直後に300消費する。1台で400以上使うことも十分考えられる。)
  仕様に記載がないものが多い。
  WiFi接続台数が多いもの=NATセッション数が多いと判断。
  それをメインルーターとして使う。

●NATタイマー
  上、NATセッションを保持する時間。
  NEC,Atermで、初期設定が3600秒=1時間とか、非常に長い物がある。
  (要変更 → 5分=300秒)

●WiFi6 (802.11ax)
  WiFi6が有効だと、繋がらない端末がある。

●160MHz、11ax、チャンネル幅
  有効にすると、繋がらない端末がある。
  (iPhone12でも、80MHzまで)

●4803+860Mbps とか、スピード表記
  新しい規格を積極的に導入しているところは認める。が、
  端末が複数台あるときは、↑上記問題で、高速設定してしまうと
  接続できなくなる端末あり。繋がらなかったら意味がない。

●WPA3
  繋がらない端末がある。
  WPA2,AES(TKIP以外)が無難。

●3LDK、3階建て対応
  無理難題。
  メーカー実証テストは、家具がないのか、よっぽど壁が薄いのか。
  特に京壁、漆喰壁は跨げない。本棚、生け垣も跨げない。
  派手なアンテナがあっても、電波強度に比例しない。
  (ASUS TUF-AX3000より、Aterm WG2600HP3の方が電波が強い)
  アンテナがネジ式(外せる)ものは、たまに増し締めが必要。
  (だが、弄りすぎるとプラのネジが割れ、電波強度が落ちる←Buffalo)

●メッシュ
  端末側が対応していないと、意味がない。中継機でも同等。

●バンドステアリング
  端末の対応次第。SSIDは、分けたほうが良いかも。

WiFi接続台数
  スマホ、タブ、プリンター、Chromecast、FireStick、、、
  4人家族でも、(WiFi端末14台あったりして、)意識が必要。
  (キャパオーバーすると、電源再投入が必要になる)
  無線接続台数18台とかあっても、
  2.4GHz=9台、5GHz=9台の合計だったりする。
  SSIDを分け、それぞれの周波数に分散すると吉。

●A-MSDU、A-MPDU、TWT
  省エネ技術なのだが、再接続に時間がかかることがある。

●2段ルーター
  VLANハブ買って分けたほうが話が早い。
  2段ルーターのときは、IPアドレス、セグメントは分ける。

●AOSSとか、
  自動設定ボタンを連打すると、初期SSIDが変わってしまうものがある。
  (1台、2台、、、5台を自動で設定すると、1台目が繋がらなくなる。)
  パスワード手入力が確実。

●セパレータ
  (セキュリティとして)端末同士がファイル共有できないようにするためのもの。
  ONにすると、ChromeCast、FireStickのコントロールはできない。

●ついでに、ハブ
  スイッチングハブでも3段以内に。
  (特に不特定のときに、元栓に近いハブのMACアドレステーブルが
  一杯になってしまう)
  8Pを2台より、16Pを1台に。
  なるべくバッファメモリーの大きいもの。
  (NETGEAR GS116を一押し → 本体は永久保証、ACアダプタ寿命に注意)
  ちょぼいギガハブでは、表示に時間がかかる。
  (タイミングにより、ページのパーツが欠ける)

◎おすすめ無線LAN
  ◯ 7,000円クラス
    Aterm WG1900HP2
      
      NATセッション数 18,000。(NTTのONUは、4,000)
      NTTのONUの代わりにメインルーターとして使う。
      (事務所 50人くらいまで、、DHCP100個までなので、
      場合によって、DHCPリースを4時間以下に!!)
      無線接続台数は、(2.4GHz) 9 + (5GHz) 9 = 18台まで。
      IPv6(v6プラス,transix,IPv6オプション)に対応。
      IPv6(OCNバーチャルコネクト,クロスパス)非対応。
       →こちらを利用するときには、上位機種(Aterm WG2600HP4)が必要

  ◯ 10,000円クラス
    Aterm WX3000HP
      無線接続台数は、18 + 18 = 36台。
      IPv6(v6プラス,transix,IPv6オプション,OCNバーチャルコネクト)に対応。
      IPv6(クロスパス)非対応。

    NETGEAR RAX40
      
      無線接続台数は、24 + 24 = 48台。
      IPv6非対応。

  ◯  15,000円クラス
    ASUS RT-AX3000
      
      無線接続台数 32 + 32 = 64台。
      WiFi中継機としても使える。
      見かけほど電波は飛ばない。
      (壁を跨ぐ場合、場合によっては、上記Atermの方が電波強い)

    NETGEAR WAC510
      
      無線接続台数 50 + 50 = 100台。
      PoEハブか、(別途)専用ACアダプタ必要。
      (価格として、別途ACアダプタ考慮)

  ◯ この上は、Yamaha NVR510 + PoE(+VLAN)ハブ + WAC510複数台かな。

      

  ◯番外、FREESPOT
      Buffalo FS-M1266
      
      無線接続台数 128 + 128 = 256台。
      お客様がが頻繁に出入りする場所用。
      FREESPOTにメール、SNS登録しないと利用できない。
      (↑セキュリティとしてだが、捨てアド、改変MACアドレス使われたら、
      あまり意味がないように思う。)
      登録者毎に時間制限を付けることができる。
      NATセッション 30,000
      (似たモデルで、WAPS-1266は、32+32=64台)

2021/03/20

2.5 SSDが極端に遅い→解決(ホントに??) (その2)

SSDが遅くなってしまったときの処置。(その2)

最近、なんか、低速病のSSDをたくさん見る。

前回は、「Secure Erace」を紹介したが、
その方法だと、100%バックアップを取った上で、全部消去を行わなくてはならない。
手間隙かかるし、バックアップから戻した時にうまく起動できない可能性もある。

お手軽に速度を戻すため、
Disk FreeSpace Cleaner
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se438262.html
がおすすめ。
(極端に遅くなっているSSDでは、処理に数時間かかる。
 [x] 終了後PCの電源を切る にチェックを入れ、寝る前に行うのが吉)

追記 SSD寿命の数値が数%落ちることもあります。要注意!!

SSDの記憶素子を活性化して、スピードが戻ると、イイっすね。
(今まで、数台試してみて、そこそこスピードが戻った。)

うまくできたらご喝采

追記 ↑上記実行しても、HDD以上のスピードが出ないものもある。
   その時は、中華なハズレを買ってしまったものと諦めて、
   よく考えて(人のレビューとか見て)から、買い直したほうがよいかも。

2021/02/13

USB-Cの規格って、どうなっているの?

[HDDクレードル][に添付のUSB-C=Aケーブルで、PCに繋げて、認識しない。
あぁ、このケーブル(*1)は、ダメなのか、と思い、
違うケーブル(USB-C=A)(*2)を持ってきたら、動いた。

[NVMe-外付けUSBアダプタ]に添付のUSB-C=Aケーブル(*2)、
こちらのPCでは認識するけど、あちらのPCでは、認識しない。
ダメ元で、上のケーブル(*1)を持ってきたら、あら、認識するでわないですか。

どちらも、中華な製品なんだけど、そんな相性問題が出るなんて、、、

ちゃんとしたケーブルを買ってきたら、無問題になるのか?
認識しなかったら、表裏を変えてみればいいのか?
かえって面倒くさい代物なんですけど!!

USB-Cの規格も、両面挿せると言いつつ、規格上では表裏対象になっていないとか、
(表側と、裏側と動作が違う、、説)
表裏が違うのに、両面挿せる規格って、どうよ?

と、ちょっとイラッとしてしまいました。

2020/12/28

SONY VAIO Pro 13(SVP132A1CN)のSSD

動作が不安定な(というか立ち上がらなくなってしまった)VAIO
復旧を試してみたのだが、どうにもうまくできない。

しようがないので、Assistボタン→Windows10インストールディスクから起動
コマンド画面から、「xcopy -e ごにょごにょ」として、
USB-HDDにDocuments、Desktopとか、退避

続けて、Assistボタンからリカバリーを試すも、「リカバリーが壊れています」と、
リカバリーできない。

むむう。

別のPCで、Macrium ReflectのRescue Discを作り、USB-HDDにSSDのイメージコピー。
途中でリードエラー出た。このSSDは、もうダメってことか?

分解、SSDの確認、、うんうんPCIeか、、と、安易に判断。
(後でわかった。これは、PCIe(NVMe)ではなく、PCIe(AHCI)規格でした。
 ほとんど流通してないようです)

USB-SSD(PCIe/NVMe)のアダプタに付けてみたら、中身が見えない。
アダプタが悪いのかなぁ? そこまで壊れてしまっているのかなぁ??

AMAZONで、PCIe(NVMe)のSSDを買って、取り付け。
Windows10のインストールは、できた。(SSDも見えていた)
が、なぜか起動しない。
、、、
よくみたらBIOSでSSDの認識していない。

どすんのこれ?

ぐぐってみたら(もっと先にググるべきでした)、M.2 SATAが刺さるらしい。

SSD(M.2 SATA)を買い直し。


BIOSで認識した。

気を取り直して、Windows10を再度インストール。
無事起動。

次の問題、WiFiを認識しない。
それらしきドライバーを入れてみたが、なんか、不安定。
電源断からの起動では、動作(認識)する。再起動では、動作しない。
(ということがわかるまで、ずいぶん時間を要した)

リカバリーエリアからの「install.wim」をごにょごにょしてみたり、
Driverscapeから拾ってきてみたり、

いろいろがちゃがちゃしてみたのだが、
なんてことはない、SONYのサポートページから(8.1用の)ドライバーを入れ、
有効化したら無問題になった。

ずいぶん時間がかかってしまいました。

2020/12/02

DELL PC 爆音 ファン高速回転

DELL Precision T3500 いまさらマシン

工作機械の都合で、FDD、25pinプリンターポートが必要で、中古を用意した。

初めは無問題で、さくさく動いていたのだが、

なんのタイミングか(起動、動作には問題がないのだけれど)、電源ONと同時に爆音になった。(ケースファンが100%稼働)

前にも、Precision 390、T3400とか、爆音になって、起動しなくなってしまったものもあったけど、どうやって直したかは、、、忘れた。

今回のものは、CPUグリスを付け直したら治った。



(CPUを外したので、静電気が放電されたのか、グリスが効いたのかは定かでない)
こんな解決方法もあったよと、ご報告。

追記:そいえばここに、中途半端な富士通ノートPCが、、
 えとこれなんだったっけ、普通に起動するじゃん。
 と、思ったのもつかの間、画面が乱れた。
 ついでにこれもグリス塗り直しちぁえ。
 分解、分解、、グリスぬりぬり、、
 画面、乱れなくなった。グリス様様。

2020/10/16

2.5 SSDが極端に遅い→解決(ホントに??)

某Amazonで、半年前ほどに購入したSSD。
Crucial BX500(並行輸入品)。
めちゃくちゃ遅い。
1MB/秒以下の転送速度。(なんのFDDだよっ!)
(たまに100MB/秒がある)
(CrystalDiskMark(1G)では、Read 150MB/sの表示が出る)
Windowsの起動は、HDDより、遥かに遅い。
初めは、もちょっとサクサク動いていたはずなのに。
(他のBX500は、大きいファイルをコピーすると、途中で5秒間ほどプチフリする)

納得いかないので、「保証適用、交換希望」を申し出た。
ショップ側からも、すぐに返事(Amazonメッセージ)来た。

返品するんだからと、遅いながらも動作するので、
SSDをクローン取って、、(途中、温度が70℃越してた)
Crucial Storage Executive で、Secure Eraseした後、、
、、
まてよ、もしかして、と、、
クローンを戻して、再度起動してみたら、速度が戻っている。
(でも、も一回考えると、、こんなんでいいのか?)

あぁ、これぢゃあ、クレームつけれない。
検品したら、「問題無し」で戻ってきてしまいます。
ちょっと様子見するしかないぢゃないですか。

こういうときに、[並行輸入品][海外パッケージ]より
[国内正規代理店品](Amazon直販)を買っておいたほうが、話が早いかも。
販売店ではなく、国内代理店(またはAmazon)に文句が言える。

もっと確実に壊れてくれたら、交換できるんだけど、
この先、だいじょぶかなぁ、ちょっと不安。

全体消去しないパターンで、
追加記事書きました。

2020/10/10

無線接続台数

最近だと、「WiFi6」とかの言葉も流行っているようだけど、
受け側(パソコン、スマホ)が対応していなければ意味がない。
(256QAM、A-MSDU、U-APSD等、新しい技術も、接続機器によっては、
 接続するのに時間がかかってしまったり、余計な世話になることもあり。)

謳い文句に「4LDK、3階建て対応」とか、派手なアンテナがついていても、
コンクリートスラブがあったり、漆喰壁、京壁があったら、電波は飛ばない。
見通し200m、壁があったら距離関係なしに、新建材(石膏ボード)の壁を2枚まで。
(実際、比較してみると、小さいモバイルルーターで、壁3枚の先は場所を選ぶ、、
 派手なアンテナの付いているもので(ちょっとは広くなるが)、壁4枚は跨げない。)

中継機を置くか、有線を引くか、、
(メッシュっていうのもありますが、端末側が対応していないと、なんとも、、)

で、次に問題になるのが、「無線接続台数
ちょっと前の家庭用のは、8〜10台ほど。
例) Buffalo WHR-1166DHP4は、推奨9台まで

4人家族のお宅で、「無線が不安定」「無線機を触ると熱い」
「無線機の電源を入れ直すと解決する」と、相談を受けたことがあって、
見に行ったら、(無線機の管理画面を出したら) 
ノートPC、スマホ、タブレット、Firestick、無線プリンター、、
全部で14台の無線端末が繋がっていました。
これは、、低予算(ちょっと前)の無線機ではムリムリっす。
台数キャパの大きい無線機に変更して、無問題になりました。

現行モデル、無線端末接続台数キャパ
NEC Atermが、10 〜 36台 *1
Buffalo、家庭用は、12 〜 36台 *2
Buffalo法人向けモデルで、25 〜 128台 /バンド *3
NETGEAR家庭用 12 〜 96台 *4
NETGEAR法人向 32 〜 200台 /バンド *5
ASUS 20 〜 250台 *6
(「/バンド」は、2.4GHz、5GHz(L/H)、それぞれの数値)
(書いていないものは、2.4GHzと5GHzの合計[と思われる])

無線端末数 10台を越したら、オススメ機器
NEC Aterm WG1900HP2 (〜18台)

もっというと、
NETGEAR RAX40 (〜48台)
ASUS RT-AX56U (〜48台)

なお、上記アクセスポイントは、メインルーターとして使用した場合には、
NTT家庭用ONU = 4,096 (NATセッション数として端末10台位まで)
の数倍以上のNATセッションを持っていて、(たぶん=正確な数字は不明)
(NETGEAR R7800(端末40台)が、NAT 32,000と、言われている。)
家庭用には十分ですし、、事務所(〜50人)、宿泊施設(〜100人)のルーターとしても
足りると思いますが、
(壁があったら、別途アクセスポイント、中継機必要)

対象端末台数、50 - 100台以上とか、では、
前にも書きましたが、有線も含めたNATセッション数の対応として、
NVR510 + WAC510(〜50台) / WAC540(〜200台) が必要?

(WAC510、WAC540には、PoEハブ、または別途電源必要)

なお、NVR510は、WAN側1Gbpsまでの対応です。
既に、2G、6G、10Gのサービスも始まっています。
Buffaloなども、10G対応ルーターを出しているけど、
結局、NATセッションの対応は、どうなっちゃっているんだか、、
わからないことだらけです。
NVR510後継、10G対応とか、出てくれると嬉しいんですが、

最近、無線LANの相談が多くて、メモしてみました。

*1
https://www.aterm.jp/product/atermstation/product/comparison.html
*2
https://www.buffalo.jp/contents/topics/trouble/slow-network/
*3
https://www.buffalo.jp/product/other/compare-wireless-business.html
*4
https://kb.netgear.com/ja/000038838/
*5
https://kb.netgear.com/ja/000053040/
*6
http://www.asus-event.com/pdf/event/nw/index.html


2020/08/12

FFFTP 真っ白

自分用メモ 

FFFTP のファイル一覧が表示されない。

昨日までは、問題なかったのに。

今は、接続はできているようだけど、

ローカル、サーバー側とも、一覧表示されない。


設定を変えてみたり、ビデオカードのドライバーも最新にした。

、、あ、[表示]→[一覧]だと表示できる。


https://qa.itmedia.co.jp/qa9694543.html

こちらに答えがあった。

一覧画面の白いところをクリックした後、

[ctrl] + [+]を押したら直った。

ずいぶん昔からFFFTPにお世話になっていて、こんなこと初めてだったもので、

ちょっとびっくりした。


2020/07/29

ぐっとすプラグ(CAT6)

他の業者さんが配線したもの。
なんか不安定なので、見てみてくれと。

最近は、こんなLANコネクタがあるのね。


圧着ペンチ不要なところは良いのだが、、
通電テストしていなかったのか、配線のうち、いくつかが差し込み不足で、
また、コネクタが大きすぎるせいで、取り回しに無理があるところがあって、
(このコネクタは圧着無いので、引っ張りに弱い)
これは、、あまりオススメできない。
(せめて、差し込み不足の時にはふたが閉まらないとか、
 もうちょっと、なんとかならなかったのか、、)
(Panasonic指定のケーブルだったら、よかったのか?)

結局、簡易テスターで、不具合のあるケーブル(コネクタ)のみ
付け直しをすることにした。

で、最近は、こんなLANコネクタがあるのね。
って、貫通型(パススルータイプ)。

昔は、色分け、刺したあと、「線の頭がそろっているか」
「順番があっているか透かして確認」
「合っていることを願って圧着」
「ちゃんと繋がっているか、テスターでチェックする」
に、すごく気を使ったんだけど、、
たまに繋がっていなかったりすると、1個無駄にして、やり直したりして。

貫通型だと、とりあえず通す→色確認する→圧着→余りを切る。で、
色順がずれてしまったら、(圧着する前に)入れ直せばいいし、
全部奥まで入っているか確認しなくていいし、
ほどいた分の長さ調節しなくていいし(被覆を確実に噛み込むし)、
失敗の可能性がすごく少ない。
これは、楽ちんだわ。
(通す前に色順合わせて直線にする、先を揃えるは、必要ですが、、)

ってことで、久しぶりにLANコネクタ付けてみた。

高価なテスターも、それはそれですが、
とりあえずの通電チェックくらいは、して欲しいなと。